投稿日:

銀行系カードローンのメリット

銀行でキャッシングを行えるかどうか

キャッシングを行う時に銀行を選択すると低金利で利用出来るという利点がありますが、審査は慎重な傾向にあります。審査が慎重という特徴がありますが、様々な立場の方が利用していますし、自身が利用出来るかどうか不安という方は簡易な情報を入力すると即診断してもらえる所もあり、審査に挑めるかどうかを即診断されるものです。

キャッシングも千円単位で行える所もありますし、ネット経由で申込みから審査、千円単位での口座振込まで対応している銀行も多くなっていますから、ネットだけで審査を完結させて店舗に行かずに利用するという方も増えています。

いずれにしても審査クリア出来るように業者の基準をクリアする必要はありますし、審査結果次第では借入枠は小さい可能性はありますが、返済実績を積み重ねていく事で信用が高まって枠を広げてもらう事も出来るものです。即日融資を受けたい場合は銀行では口座開設を行っておくと対応してくれる可能性があり、申込先の口座が無いと即日で口座振込に対応されない事もあります。

●魅力的な低金利
銀行系カードローンは、上限金利が低めに設定されています。融資額が100万円を超える場合は、10%以下になる 商品も珍しくありません。

引用:銀行系カードローン比較@即日融資もOK!低金利なおすすめカードローンを14項目でランキング

 


カードローンについて

次にカードローンについて詳しく掘り下げて解説します。カードローンというのは、簡単に言うと「借金」となります。手軽に簡単に借り入れをすることが出来るので、起業家や経営者だけではなく、サラリーマンやアルバイト、パートに派遣社員など安定した収入がある人なら誰でも利用することが出来て、急な出費やちょっとした飲み会の費用などでも活用することが出来るのが特徴となっています。

カードローンの種類

世の中には様々なカードローンの種類が存在していますが、一般的に知られているのは消費者金融系のカードローンとなっています。テレビCMや折り込みチラシなどでも頻繁に宣伝されているということもあり、多くの人が利用していることで知られています。

消費者金融系カードローンの他にも銀行系やクレジット系など様々なカードローンの種類が存在していますので、それらのカードローンについて詳しく紹介していきます。

消費者金融系カードローン

一般的に知られている消費者金融系カードローンですが、具体的にどのような業者なのかというと、アコムやプロミス、モビットというようなテレビでも頻繁に宣伝しているようなカードローンということになります。

消費者金融系カードローンの特徴としては、申込みをしてから即日で借りることが出来るということがポイントになっていますが、銀行系カードローンやクレジット系カードローンに比べると、全体的な貸付金利が高く設定されていることが挙げられます。

銀行系カードローン

銀行系のカードローンというのは、文字通り銀行が運営しているカードローンとなっています。有名なものと言えば、三菱東京UFJ銀行が提供している「バンクイック」や、オリックス銀行が提供しているオリックス銀行カードローンなどが挙げられます。

銀行系カードローンでは、4つの特徴があります。
貸付金利が安く設定されているカードローンが多い
利用限度額が高額になっているものが多い
総量規制の対象外なために、年収の3分の1を超えていても借り入れができることがある
本人に収入がない状態でも、配偶者に安定した収入がある場合は借り入れができるケースも多い

以上の4点となっています。これらの条件を求めている場合は、銀行系のカードローンを利用したほうが良いでしょう。

ただし、銀行系のカードローンにもデメリットが存在しています。それは、消費者金融系のカードローンと比べると、申込みから借り入れをすることが出来るまでの期間が長く設定されていることが多いということになります。

一般的に、消費者金融系のカードローンの場合は申し込みをした即日に借り入れが出来ることが多くなっていますが、銀行系のカードローンの場合は申込みをしてから早くても3営業日ほどの日数が掛かるケースが多く、長期になる場合は申込みをしてから2週間以上の時間を必要とするケースも多くなっています。

また、消費者金融系のカードローンと比べると、審査が厳しくなっていることも挙げられますので、貸付金利や利用限度額で優遇されている反面、借り入れをすることが難しいということも特徴となっています。

そのため、急ぎの現金が必要な場合は、消費者金融系のカードローンを利用し、現金が必要な時まで猶予がある場合は銀行系のカードローンを利用すると良いでしょう。

クレジット系カードローン

クレジット系カードローンというのは、消費者金融系や銀行系と比べると、少し異色なのが特徴的です。消費者金融系や銀行系カードローンの場合は、現金のみの借り入れをするということがメインとなっていますが、クレジット系カードローンの場合は、クレジットカードに付随されているキャッシング枠を利用するタイプのカードローンとなっているので、あくまでも、クレジットカードの場合は、ショッピング枠がメインとなるために、オマケのような扱いをされていることが多くなっています。

その理由としては、クレジット系カードローンというのは、借り入れをする際にも、返済をする際にも、銀行系や消費者金融系と比べると利便性が悪くなっているプランが多いために、現金が必要でカードローンを利用するケースでは、クレジット系カードローンを利用する人が少ないということが挙げられます。

カードローンの利用方法

一般的に身近な存在となっているカードローンですが、まだまだ「借金」というイメージが強いために、どのように利用をすれば良いのか分からないという人も多くなっています。そのため、こちらでは申込みから返済までの利用方法について紹介していきます。

申込み方法

カードローンの申込方法は直接店頭窓口で申し込む方法から郵送やFAXで申し込みを行う方法まで幅広くなっていますが、現在一般的に利用されている申込方法としてはインターネットを活用してカードローンの公式サイトから申し込みをする方法がメジャーとされています。

この方法の利点としては、パソコンだけではなく携帯電話やスマートフォンなどのインターネットにアクセスすることが出来る媒体を持っているのなら自宅でも外出中でも申し込みができるということにあります。

また、空いている時間に申し込みをすることが出来るために、時間を有効に使うことが出来るというメリットも挙げられます。

審査について

カードローンの審査については、書類審査と口頭での審査の2つに分けられていることが多いです。口頭の審査と聞くと面接のようなものを思い浮かべるかもしれませんが、実際の審査内容としては、申込時に記入した書類の確認となることが多いために、それほど難しいということではありません。

しかし、申込時の書類に嘘の記述をしている場合は、口頭審査でバレてしまう恐れもあり、嘘の記述をしていると判断された場合には審査に通過することが出来なくなってしまうことが挙げられますので、絶対に本当のことを記入するようにして下さい。

借り入れ方法

カードローンの審査に通過することが出来ると、ローンカードを発行してもらえることになります。このローンカードを利用してカードローン業者が提携しているATMやキャッシュディスペンサーから現金を借り入れすることが出来るようになります。

また、近場に提携ATMが無いという場合には、カードローンの公式サイトから会員専用サービスにアクセスをすることによって指定した銀行口座に振り込みをすることで借り入れをすることも可能になっていますので、郵便貯金や近所の銀行口座などを活用することも可能になっています。

返済方法

カードローンの返済方法は借入時と同じように、カードローン業者が提携しているATMやキャッシュディスペンサーを利用して、返済をすることが多くなっています。近くに提携ATMやCDが無いという場合には、銀行振込や銀行からの自動引き落としなどを選択することも出来ます。

返済期日までに定められた金額を返済しなかった場合には遅延損害金が発生することになりますので、利息以上の返済が求められることになり、そのまま放置しておくと信用情報機関のブラックリストに記録されてしまうことになりますので十分に注意するようにして下さい。

その他注意事項

カードローンというのは、アルバイトでもパートでも仕事をしているのなら簡単に借り入れをすることが出来る借金となっています。

しかし、注意してもらいたいのは、簡単に利用できるからといって利用しすぎてしまうと、当然の事ながら返済をするのが辛くなるということが挙げられます。

現在の貸金業法の総量規制では年収の3分の1までの貸付金というように定められていますが、年収の3分の1と聞くと少ないように感じるかもしれませんが、単純計算をすると限界値まで借り入れをした場合に、月収が30万円なら10万円を返済に充てるということになりますので、生活レベルを下げなければならないということにも繋がります。

そのため、カードローンの利用に関しては計画的な返済計画を立てた上で利用をして下さい。計画的に利用をすることによって毎月の生活にゆとりを与えることも可能になっています。

カードローンを利用する上でのメリット・デメリットについて

カードローンというのは、一般的に利用されている融資のシステムとなっていますが、当然の事ながらメリットとデメリットが存在します。デメリットについて知らずに、メリットの部分だけを重視してカードローンを利用してしまうと、思わぬ落とし穴に嵌り込んでしまうこともありますので、十分に注意してメリットとデメリットを理解してからカードローンを利用するようにして下さい。

カードローンのメリット

カードローンのメリットとしては様々な事柄が挙げられますが、その中でも一番のメリットとしては「手軽である」ということが挙げられます。

いつでもどこでも簡単に借り入れをすることが出来るので、急な出費にもすぐに対応をすることが出来るというメリットが存在しています。

【カード1枚で365日24時間借り入れが可能】

カードローンのメリットとしては、簡単に借り入れが出来るということが挙げられますが、カードローンの審査に通過してローンカードを持っているだけで、カードローン業者が提携しているATMなどを利用して365日24時間の利用が可能になっています。

提携しているATMに関しては、メジャーな銀行ATMが挙げられますが、もっと身近な存在になっているATMとしてはコンビニATMがあります。

近場にコンビニが無いという方も多いと思われますが、そのような場合には、最寄りの銀行口座に振り込みをすることによって借り入れをすることも可能になっていますので、安心して利用することが出来るということにも繋がります。

【緊急事態でも安心して行動することが出来る】

カードローンというのは、持っているだけで年会費や会員維持費などの手数料が発生するという仕組みになっていません。そのため、万が一の状況に合わせてカードを作っておくというだけでも安心して行動が出来る様になるということになります。

よくあるケースとしては、家族が病気や事故などによって入院してしまったために治療費を支払わなければならない状況になったということが挙げられますが、前もって積立の貯金をしていたり、保険に加入していたりする場合には問題ないかもしれませんが、このような準備をしていない突然の病気などになってしまった場合に、支払いに悩まされるということが挙げられます。

しかし、カードローンを利用しているだけで、数十万円程度の借り入れならすぐに対応することが可能なので、咄嗟のトラブルにも安心して対処をすることが可能になっています。

また、大学生などの場合は就職活動が終わってから気の合う仲間と一緒に卒業旅行をするという方も多いと思われますが、就活に忙しくて出費が嵩んでしまったために卒業旅行の資金がないという方も多いと思われます。

このような場合でも、アルバイトなどをしていて安定した収入がある場合ならカードローンを利用することができるので、思い出作りの旅行を楽しむことが出来るということになります。

カードローンのデメリット

カードローンにはデメリットが多いということが噂になっていますが、カードローンのデメリットについては「理解していればデメリットにならない」ということが多くなっていて、「借りたものはキチンと返す」という当たり前のことが出来る人にとってはデメリットにはならないとされていることが特徴的です。

【借入金には利息が発生する】

カードローンというのは、簡単にいえば借金のことになります。そして、借金というのは言い換えると「融資」ということにもなりますので、当然のように利息というものが発生することになります。

貸金業法が改正されてからは、グレーゾーン金利が撤廃されたので、一般的な貸付金利としては年利18.0%が上限とされています。この金利は、10万円の借り入れをしたとすると、月に1,500円の利息が発生するという計算になります。そのため、1ヶ月間で完済するのなら、10万円を借りて10万1,500円を返済するということになります。

カードローン業者の中には、契約をしてから最初の30日間に関しては無利息となっている業者も存在しますので、無利息期間を上手く活用してカードローンを利用すると良いでしょう。

【期日までに返済できない場合は信用情報機関に記録されることになる】

カードローンの返済をしないとブラックリストに登録されてしまって、住宅ローンや車のローンを組むことが出来ないということが噂されていますが、これは本当のことになります。

と言っても、返済期日を1日過ぎただけですぐにブラックリストに登録されてしまうということではなく、返済期日を過ぎても何の連絡もしなかったり、音信不通になってしまったりといった状況になると、信用情報機関に「返済をしなかった」ということが登録されることになります。

このまま放っておくと裁判を起こされてしまって、裁判所からの出頭命令や、支払い命令が下されるということになりますので、期日に返済が出来ない理由がある場合には、それらの理由についてカスタマーセンターなどに相談するようにして下さい。

このご時世なので、急なリストラなどによって返済が出来ないという場合も十分に考えられますが、前もって相談をすることによって返済期日を延長してくれるということもありますので、正直に相談をすることが重要になります。


 

便利なカードローン

一般的にカードローンとは、計画的に使いさえすれば、多くのメリットがあります。急な出費で現金がない!でも、クレジットカードは使えない!というような状況に陥った場合でも、カードローンならコンビニエンスストアのATM機で 24時間いつでも引き落とせて、現金がすぐ手に入ります。

その中でも銀行系は銀行系列の消費者金融会社が出資・運営しているローンのことです。その他の消費者金融にくらべると審査は厳しいですが、本人もしくは配偶者に一定の収入のある方ならほぼ問題なく、審査も最短30分とすぐに終わり手軽に融資してもらえるところも魅力です。

銀行系のメリットとしては、やはり安心感です。消費者金融とはいえ、出資しているのは大手の都市銀行や地方銀行です。金融について多くの情報や経験、知識をもっている会社ですので、サービスやバックアップも充実していますし、借り入れのときや返済時に利用できるATM機の数が多く、利便性が高いのも銀行系の魅力です。また、融資額が比較的高いのも魅力です。一方で注意したいことは、借りすぎです。

いくら気軽に借りれるから、そして銀行系なら金利がたいしたことないからと、無駄な借り入れを繰り返したり、自分で返しきれないほど多額のお金を借りてしまいそうになるのも怖いところです。あくまで、「本当に困ったときに、すぐに無理なく返せる範囲で返済する!」という気持ちをわすれずに、計画的に利用すれば、とても便利なものであると実感できます。

 


カードローンを利用する

今、世の中には、とても数多くのカードローンを利用することができる関連会社が存在しております。一昔前の時代ですと、消費者金融などからお金を借りるということは、後ろめたさがあったりして、なかなかマイナス思考的な要素がとても大きいものでした。

しかし、今では、アコムやプロミスなど芸能人をつかって、テレビコマーシャルでも放映されておりますので、とても親近感があります。そして、手軽に利用することができるようになったという点も見逃すことができません。さて、今はインターネットでなんでもできてしまうような時代です。

ですから、カードローンにつきましても、とても手軽にインターネットを利用することによって、申込をすることができてしまうのです。色々とカードローンを利用することができる会社がありますので、まず、これから利用したいと考える人は、事前に調べておく必要があります。何をどのように調べるのが良いのかと言いますと、やはり、一番気になる部分としては、金利になります。そして、その次がどれくらいのスピードで審査を受けることができるかになってきます。

これらの情報につきましては、インターネットのローン比較サイトをチェックすることによって、とても手軽に調べることができてしまうのです。ですから、自分で調べて、より良い条件のところを利用するのが理想となります。さらに、初めて利用するという場合は、一定の期間に限って、利息が免除されるものもあるのです。

投稿日:

誰にも知られずに利用できるようになったキャッシング

キャッシングというと、一昔前までは実店舗にて申し込みをしたものです。急にまとまったお金が必要になった、ということは誰にでもあることです。貯金だけで賄えない、親類を頼れない、そんなときやむを得ずキャッシングに頼ることもあるでしょう。

最近はデジタルの普及により、インターネットができるパソコンやスマートフォンがあればキャッシング会社にアクセスすることができます。キャッシング会社のウェブサイトには、審査、返済シュミレーションがあり融資が可能な時間であれば、アクセスしたその日のうちに融資を受けることも可能です。誰にも知られることなく、融資を受けられるので安心です。ですが申し込みをする前に、必ず返済シュミレーションで計画を立てることが大切です。

ウェブサイトからの審査は、確実な収入があり、本人を証明する書類も保険証や免許証の画像を送信すれば、その日のうちに結果が出ます。そして返済時に必要なカードは後日、郵送で送られてきますので店舗に出向く必要がありません。また返済方法も多彩で、口座引き落とし、コンビニATMからの返済、銀行振り込み、と生活のペースに合わせて返済方法を選ぶことができます。

銀行振り込みに関しては、ネット銀行口座があれば自宅のパソコン、またはスマートフォンからの返済も可能です。申し込みもそうですが、誰にも知られることなく返済することができます。また決まった期間に返済すれば無利息、初めての利用で決まった金額以下の融資なら無利息のキャッシング、というサービスもありますので上手に返済に利用しましょう。